深夜の訪問者 *こめくら*の悪戯

2017/10/20  by 編集部 ともりん

“今日も会社で徹夜してるでしょ? 終電逃しちゃってカフェスペースに始発まで泊めて!”

−−徹夜で原稿を書いていると、こめくらからのLINEが。まったく……。

‘いいよ。こっそりね。’

−−5分ほどでこめくら到着。どうやら近くまで来ていたらしい。

『お疲れ様ー! iPhoneの充電器貸して〜。』

こめくら
こめくら
こめくら

ねぇ、どこ見てるの? えっち!』

「ショートパンツでそんな格好されたら気になっちゃうよ……。仕事してるからゆっくりしててね。」

『男の人ってホントえっちだね(笑)』

−−パソコンと向かい合っていたら視線を感じる。

こめくら

『やっとこっち見てくれた〜。私はリラックスモードに入ったよ(笑)』

「ちょっと……! ここ会社! 今オフィス1人しかいなかったけど、誰か来る可能性もあるんだからちゃんと履いて!!」

こめくら

何を期待してたの?(笑) ちゃんと履いてるよ〜。靴脱いだだけだから。』

−−こめくらが会社に来ると、いつもドキドキさせられて仕事にならない。

『私、眠たくなってきちゃった〜。』

こめくら
こめくら

『いつも猫と一緒に寝てるから一人で寝るの寂しいなぁ〜。』

こめくら
こめくら
こめくら

−−挑発的な視線をこちらに送ってくる。ダメだ。気になって原稿に手が付かない。雑念は振り払おう。

『すぅ〜・・・すぅ〜・・・』

−−5分ほどすると、遊び疲れたこめくらの寝息が……。一安心。でもちょっと寂しいかな(笑)

こめくら









「おやすみなさい。」



関連記事:私の夏を奪い返しにいこう

モデル:*こめくら*

雪山単独登山と笑点が好きな毒電波系宇宙人。今年の冬は八ヶ岳赤岳登頂を目論んでいる。笑点は三遊亭小遊三師匠が好き。
基本的にひとりぼっちの闇属性。
合言葉は「一緒にダメ(しあわせ)になろう」
 
 

写真/文:Camoor編集部 ともりん

Webディレクター兼編集者。愛機はSONY α7Ⅱ。ミラーレスなのにフルサイズ機なところがお気に入り。

この記事を友達にシェアしよう!

関連記事

ランキング