*こめくら* ストリートスナップVol.1 表参道ハイブランドエリア

2018/02/7  by 編集部 ともりん

どうもー! Camoor編集部 ともりんです。今回から新しい企画を始めます。それは*こめくら*さんのストリートスナップ! Vol.1では表参道のハイブランドが密集するエリアで撮影してきました。ファッション誌がよく撮影をしているオシャレスポットです。カメラマンは前回ボブリシャスさんを撮影してくださったりゅうこさん。

関連記事:【紅葉ポートレート】ボブリシャスと神宮外苑いちょう並木に行ってきた

日本屈指のオシャレスポット表参道でストリートスナップ

表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
今回のこめくらさん、衣装は黒のロングパーカーに白タイツを合わせてストリート感を出していただきました。配色がベース黒70%、メイン白25%、アクセントにソックスの赤5%、Webデザインでは完璧な配分! まずはコンクリートの壁の前から撮影スタート。さすが日本屈指のオシャレスポット、どこを切り取っても絵になりますね。この写真では壁の影も計算して撮影しました。斜めのラインがあらかじめデザインされていたようになっています



表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
全てが影になっているコンクリートの壁背景ではクールさが引き立ちます。



表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
視線を外すと、よりストリートスナップ感が出ますね。今回は無表情かつ目線を落としてもらうことでクールな印象に仕上げました。



表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
次はダイナミックに斜め構図で。ラインの消失点をほぼ画面中央に置きました。奥行き感が出ますね。



表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
ちょっと休憩。オーバーサイズのマウンテンジャケットも似合っていたのでパシャリ。このようなオフショットは緊張感のほぐれたモデルさんの表情を引き出せます



表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
場所を変えてクラシカルな建物に来ました。



表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
左下の丸い日向がアクセント。



表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
レンガの壁はオシャレ背景の定番ですね。この場所は坂になっているため斜めにラインが入ります。フォトジェニック



表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
表参道 ストリートスナップ こめくら SONY α7Rⅱ Voigtlander フォクトレンダー
最後はフレアを使ったほわほわ写真。フードを付けずに絞りは開いて逆光で撮影するとフレアが発生します。最近Instagramを見ると白くほわほわした加工のものが多いですよね。撮影時のテクニックでも作れますよ。

まとめ

いかがでしたか? ストリートスナップはザ・インスタ映えですよね。表参道は街全体がインスタ映えエリア。散歩しているだけで創作意欲が刺激されます。次回はさらにストリート色を強めます。原宿のグラフィティを背景に。お楽しみに。

*こめくら*さん関連の記事はこちらから

モデル:*こめくら*

雪山単独登山と笑点が好きな毒電波系宇宙人。今年の冬は八ヶ岳赤岳登頂を目論んでいる。
笑点は三遊亭小遊三師匠が好き。
基本的にひとりぼっちの闇属性。
合言葉は「一緒にダメ(しあわせ)になろう」
Instagram: https://www.instagram.com/hikikomor11/


写真:りゅうこ

AKB48グループを始めとした各アイドルグループや雑誌モデル等を撮影。近年ではコスプレイヤーや、インスタグラマーといったネット上で公開される写真を撮影することも多い。パンフォーカス表現を駆使した立体的で影のある撮影を好む。


文:Camoor編集部 ともりん

Webディレクター兼編集者、たまにライター。愛機はSONY α7Ⅱ。ミラーレスなのにフルサイズ機なところがお気に入り。

この記事を友達にシェアしよう!

関連記事

ランキング