*こめくら* 猫の日! 台湾・猫村ポートレートを公開!

2018/02/22  by 編集部 ともりん

どうもー! Camoor編集部 ともりんです。今日は2月22日、猫の日!! 実は先日、Camoor編集部は海を越え台湾へ飛びロケ撮影を敢行しました。今回の撮影メンバーはみんな猫好き。カメラマンのだいさんが台湾には「猫村」という町があるという情報をキャッチ! これは行くしかない! ということで「猫の日記事」は台湾・猫村で撮影した*こめくら*さんポートレートをお届けします。

猫村とは?

猫村は台湾新北市瑞芳区猴硐の猴硐(コウドウ)駅にあります。駅に到着すると早速かわいい猫ちゃんがお出迎え!
こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例

猫村一帯は元々炭鉱があった場所。坑道の木製の梁や柱を食い荒らすネズミを駆除してもらう為に猫を飼っていたそうです。このスポットに生息する猫の数は100匹以上! 猫好きなら絶対に訪れたい場所です。

かわいい猫ちゃんと歴史を感じる廃坑の町「猫村」

こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例

猫村は線路をはさみ大きく分けて民家やカフェが集まる見晴らしの良い山側廃坑のある川側があります。今回ロケ地に選んだ場所は廃坑のある川側。写真映えする古いレンガ造りの壁から撮影スタートです。



こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
鉄柱の錆、レンガに絡まる植物。ここは猫好きだけではなく廃墟マニアも大興奮間違い無し!



こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
柵の外からは廃坑を眺めることができます。



こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
少し歩いていくと第一猫様発見! 猫大好きこめくらさんは猫さんとポージングの打ち合わせ。



こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
息ピッタリ! 完璧なツーショットです。



こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
奥には立派なアーチ橋があります。渡りたい! 行ってみましょう。



こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
ぐんぐん階段を登っていきます。どんな景色が待っているのかな。



こめくら 猫村 猴硐駅 コウドウ駅 Nikon D850 作例
橋の上に到着。風が気持ち良い! ここからは廃坑を見下ろすことができます。




橋にはレールが敷かれていました。こめくらさんにピントを合わせ開放絞りでローアングルからパシャリ。美しい前ボケで奥行き感のある作品に!

まとめ

台湾・猫村ポートレート、いかがでしたか? そういえば猫村ポートレートなのにリアル猫さんが一匹しか出ていない!? 写真点数が少ない!? そうなんです。なぜかというと猫さんを発見するとこめくらさんもスタッフも猫さんに夢中。撮影どころじゃないんです。カメラを置いて猫さんと遊んでしまうんです。だから猫さんと一緒の写真は殆どないんです。みなさんも是非猫村に訪れてみてください。気持ちがわかるはずです。場所は日本人観光客に大人気スポット「九份のすぐ近く。九份に行く予定のある猫好きさんは絶対立ち寄ったほうがいいスポットですよ。あっ、猫さん撮影時のフラッシュ撮影はNGです。ご注意ください。猫村、また行きたいなぁ。

*こめくら*さん関連の記事はこちらから

モデル:*こめくら*

雪山単独登山と笑点が好きな毒電波系宇宙人。今年の冬は八ヶ岳赤岳登頂を目論んでいる。
笑点は三遊亭小遊三師匠が好き。
基本的にひとりぼっちの闇属性。
合言葉は「一緒にダメ(しあわせ)になろう」
Instagram: https://www.instagram.com/hikikomor11/


写真:だい

コスプレからフィギュア、痛車、さらにはステージイベントなど自称日本一オタクベイントの取材を行うライター。年間100件以上のイベント取材、海外へは月1ペースで行っています。
愛用カメラは富士フイルムとニコン。
Twitter: https://twitter.com/nandakaomo
サイト: http://zakuzaku911.com/


文:Camoor編集部 ともりん

Webディレクター兼編集者、たまにライター。愛機はSONY α7Ⅱ。ミラーレスなのにフルサイズ機なところがお気に入り。

この記事を友達にシェアしよう!

関連記事

ランキング